Windows7インストール用USBメモリを作成

Windows 7 USB/DVD Download Tool」を使って、Windows7のインストール用USBメモリを作ることにした。

必要なものは、Windows7インストールディスクのISOイメージと、3GB以上の容量があるUSBメモリ。
このツールを使って、ISOイメージからブータブルDVDを作ることもできるっぽい。

使っていないUSBメモリは、512MBくらいまでのものしかなかったので、新しくUSBメモリを購入。
8GBで1,600円ほど。ずいぶんと安くなったもんだ。

Windows7のISOイメージは、MSDN サブスクライバダウンロードから落とした。
x86(32bit)版の容量は2.4GB。作業ファイルを作るようなので、HDDには5GBほどの空き容量が必要。
ダウンロードしたのはHome Premium(x86)とUltimate(x86)。Ultimateを使う予定はないけど、とりあえず落としておいた。

Windows 7 USB/DVD Download Tool」をインストールして実行。
英語版だけど、難しい英語はまったくない。
設定なども必要なく、画面の流れに沿って進めるだけ。
ISOイメージはHome Premiumのものを選んだ。

USBメモリにインストールファイルを展開する場合、保存先のUSBメモリはフォーマットされる。ファイルが入ってるUSBメモリは、使わないように。フォーマット形式はNTFS。HDDにはファイルの展開はできない。

フォーマットからファイルのコピーは自動で行われる。
単にファイルをコピーするだけ……と思っていたけど、30分近くとけっこう時間がかかった。USBメモリの性能にもよるかもしれない。

作成した、Windows7 Home Premiumインストール用のUSBメモリの中身。
Win7インストール用USB



ひとまず、インストール用USBメモリを作っただけで終わり。
実際のインストールは週末を予定。インストールする機体は、VAIO type P。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

しろ
2012年07月24日 17:23
突然すみません。
Ultimate(x86)ISOファイルまだお持ちでしょうか?
お持ちでしたらコピーさせて頂けませんでしょうか?

この記事へのトラックバック