速記に向く万年筆を求めて - パーカー プリミエ ブラックエディション

インクを変えたM205は、だいぶ速記に向くようになった。
でも、まだ不十分。
ミーティングの時など長い時間書き続ける場合、ペン自体が軽いので手に変に力が入って疲れてしまう。
そこで、長時間の速記でも疲れないものを求めて文具店へ。

向かったのは、福岡天神にある「とうじ」。ここの店員はみな美人なことで有名な店。
いくつか万年筆を出してもらって、試し書きをしてみた。

◆ペリカン スーベレーン M800 / F

国内で高い人気がある、定番中の定番といえる1本。
まずは定番からみてみようと試し書きしてみたら、

ペン先がものすごく硬い。

店員に「硬いですよ」とは言われたけど、思っていた以上に硬かった。
18金のペン先なのに、スチールペン先と変わらないくらいの硬さ。

しかも、店頭にあったものは少し癖があったのか、ペンの角度を妙に誘導される感じがした。
その筆記感に違和感があったのでパス。


◆モンブラン マイスターシュテュック 146 / F

もう少し柔らかいペン先がいいということで、出してもらったのがモンブランの146。モンブランの定番モデル。

定番だけあって、かなり書きやすい。
ペン先はなめらかで、するすると線を引ける。
軸の太さも違和感がない。

ただ、ちょっと軸が軽いように感じた。
実際には、カスタムヘリテイジ912とあまり変わらない重さ。
重心の違いかもしれない。

私の書き癖では、軽いペンでは手に力が入ってしまって疲れやすい。筆圧そのものは高くならないけど、軸を強く持ってしまう。
長時間の筆記にはもう少し重さがあるほうがいいので、別のものを探してもらった。


◆パイロット エラボー / SM

パイロットの超軟質ペン先のエラボー。
金属軸で重みもある。

超軟質といっても、普段の書き方では912 SFとあまり変わらない筆記感だった。
でも、柔らかいペン先から力が逃げるようで、中字のMでも細字のFと同じくらいの線幅になる。

なかなか書きやすい万年筆だったけど、筆圧が高くなるとペン先が開いて線が途切れやすくなるようで、速記には向かないらしい。
速記用を探しているのでパス。


◆パーカー プリミエ / F

モンブラン 146と同じようなペン先でもう少し重みがあるもの――というものが良かったけど、モンブランのラインナップにはそういうものはないらしい。
146より重みが増すとペン先は硬くなるとか。

そして、かわりに出てきたのがパーカー プリミエ。
金属軸でけっこう重量がある。

プリミエのペン先はハート穴がない特徴的なもので、その形状から「すごく硬いに違いない」と思って避けていた。
試し書きしてみると、実際にかなり硬い。
でも、すごくなめらかに線が引ける。
その書き味がかなり気に入った。


◆パーカー プリミエ ブラックエディション / F

試し書きしたプリミエは、配色が黒と金のラックブラックGT。
万年筆では定番の色使いだけど、個人的に金色はあまり好きじゃない。

そこで、店頭にあったものの中からブラックエディションを選択。

画像


実はこのブラックエディション、「趣味の文具箱 vol.18」で記事を読んだあと店頭で見かけたとき、Twitterで「黒の主張が強すぎる」とかデザインにさんざん文句を言っていたりする。
でも、並べてみるとこれが一番かと思って購入。

持ち帰ってさらに筆記を追試。

ペン先はやっぱりかなり硬い。
筆圧を少しくらい高くしても線幅が変わらないほど。
というか、筆圧が高くても低くても線幅がほとんど変わらない。

ところが、これで書いてみるとものすごくなめらかに線が引ける。

M800は硬すぎで避けて、モンブラン 146では柔らかいペン先を求めたのに、選んだのがかなり硬いペン先のパーカー プリミエだったのは、たぶんこのなめらかさが理由。

どのくらいのなめらかさかというと――
同じくらいの線幅のパイロット カスタムヘリテイジ92 Mではかすれてしまうくらいの速さで線を引いても、かすれるどころかほとんど線幅が変わらない。少し線の色が薄くなる程度。
……なにこのインクフローの良さ。

どんな角度の線でも引っかかることがない。
紙の上を滑るように書くことができる。
速く書くときでも全く力を入れなくていい。

好みで言えばペン先は硬いものより柔らかい方がいいけど、硬さを感じさせない作りなら文句はない(それに比べて、M800は紙に接地した瞬間、硬さを感じた)。
欲しいものは「柔らかい万年筆」じゃなくて「力を入れずに速記ができる万年筆」なので、これで十分目的を果たしている。
筆圧を下げても線が細くならないので手帳用には向かないと思うけど、仕事でノートサイズのものに書き込むにはいい物になりそう。



買ったあとではあるけど、ペリカンのものでもより大型で軟調なM1000や小型軟調のM300、モンブランの他のモデルも試せば良かったかなという気はしている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

チャンプ
2013年10月17日 11:36
はじめまして
自分はラックブラックGTを所有していますが、握るゴールドの部分がとにかく滑って安定しません。
ブラックエディションはいかがですか?
滑らなければこの部分だけ交換出来ないかなぁ、とまで思っています。

この記事へのトラックバック