富山で見つけた掘出物

2015年末は富山に長期出張でホテル暮らし。
部屋の掃除をしている間は外に出ている必要があって、ついでに近くにある文具屋に行ってみることにしました。

▼SETO 大泉店

GoogleMapを頼りに行ってみたSETOは、駐車場も備えた大型店舗。
福岡では文具店は駅ビルやショッピングモールのテナントとして入っている店が多いので、独立した大型店舗は珍しい印象。
店内が広いだけあって、万年筆のスペースもそこそこ取られていました。

そこでわりと珍しいモノを多数発見。

パイロット748F


パイロット748F

まず目を引いたのが、パイロットのカスタム748のゴールドプレート。
軸全体に金メッキを施された、15号ペン先の大型万年筆です。
とにかく存在感が違う。
すでに廃盤になったモデルで、ゴールドプレートとスターリングシルバーの2種類の軸と、それぞれに軸の模様違い2種の、計4種類があったようです。
現品のみで字幅はF。
軸が重いためか、ペン先がだいぶ軟らかめに感じました。

ちょうどクレジットカードの締め日で大きな出費は苦しかったけれど、ここで見つけたのも何かの縁などと理由を付けて購入。

パイロットのスペースはわりと広めで、四角い木軸のクアトロ89が2本あるのも見つけました。
字幅はFとM。軸色は黒のみ。

他のメーカーのものでは……

ウォーターマン製のマーブルエボナイト軸の万年筆。
品名の表示がなかったけど、99年末に発売されたリエゾンでした。
ずっと店頭に展示されていたものらしく、エボナイトの日焼けがかなり酷い状態。汚れもあり、わりと大幅に値下げされていました。

モンブランの金ピカ万年筆。
やや小型でゴールドプレートの軸。
モンブランは詳しくないので品名、型番は分からないまま。
ただ、汚れが酷くて、せっかくの金ピカ軸が残念な状態になっていました。
これもわりと値下げされていました。

金ピカの748を買ってしまったので、スターリングシルバーの745(748と同じデザインの10号ペン先版)も欲しくなってしまいました。

▼土産物屋など


ホテルに戻れるまでわりと時間が合ったので、土産物なんかを物色。

富山土産

駅の土産物屋にケロリン桶とか売ってありましたが、実物は出張カバンに入れるには大きすぎるので、ストラップを購入。
ほかには、路面電車のクリアファイルとか、チョロQとか。
フクロウのおまもりやストラップなども購入。このフクロウのストラップは水琴鈴(すいきんれい)という鈴で、涼しげな不思議な音が鳴ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック